SIMフリーへMNP auやソフトバンクDoCoMoの手順や方法 設定の仕方など

 

 

この記事は、「SIMフリースマホにMNP(電話番号変えずに乗り換え)したい!!」という方のために、SIMフリースマホへのMNPに必要な知識が全て含まれる記事になりますので、検討している方は是非、参考になさってくださ。

 

また、最後の項には、
「どれを選べばいーのだ!!」
っていう方(多くいらっしゃると思う…)のために、ぼくの考える、おすすめSIMトップ5をお教えしますので、そちらも是非。

 

まずはじめに、いろいろ話をするのに先んじて知っておくべきことを書いておきます。

 

「そもそもMNPってなんやねん!」

 

という方もいらっしゃるかもしれませんので、基本的な部分から説明します。

 

MNPとは、”Mobile Number Portability”の略で、簡単に言うと、”電話番号はそのままに、他のキャリアに乗り換える”ことです。

 

例えば、電話番号は今使っているもののままで、ソフトバンクからauに乗り換えられるというわけです。

 

乗り換え時に電話番号が変わってしまうと、関係者に変更のお知らせをしなければならなくなり、大変面倒ですよね?

 

それを解消できるのが、この制度なんです。

 

また、各キャリアからすれば、他社から自社に乗りかえてきてくれるのは、非常に嬉しいことです。

 

MNPで乗りかえてきてくれるお客さんには、いろいろとお得なサービスをしてくれることも多いんですよ!

 

そして、MNPをする際に、最も気をつけておくべきことがありまして、それが、スマホ端末によって、対応するSIMカードが違うということです。

 

それでは、目次からどうぞ。

 

目次

 

 

SIMフリーへMNP手順や設定方法〜docomo編〜

 

ここでは、現在docomoユーザーの方が、SIMフリーへMNPする手順や、設定の方法を説明していきます。

 

docomoの端末をお使いの方は、docomo回線のSIMカードを使うことができます。
すごく多いので、主要なものをいくつか挙げます。

 

  • 楽天モバイル
  • IIJmio
  • DMM mobile
  • NifMo
  • ぷらら
  • Mineo

(auプランは除く)

 

このあたりです。

 

docomo端末は非常に多くのSIMに対応していますが、おすすめはこれくらいですね。
また、今まで通り電話を使いたい方は、音声通話機能対応のSIMを選んでくださいね。

 

そしてもう1つ。

 

docomoのスマホではテザリングができませんので、PCをよく使う方でテザリング機能が欲しい方は、SIMフリースマホ,もしくはauのスマホを購入することをお勧めします。

 

SIMフリースマホは、格安SIMと一緒にセットで購入できます。
安く済ませたいならこっちがおすすめです。

 

ここに注意して、まずはざっくり簡単な流れを。

 

MNP予約番号を取得する

その番号を使って、業者にSIMカードを申し込む

申し込んだら、1週間もすればSIMカードが家に届く

付属している説明書に従って、設定を行う

 

完了!

 

そんなに難しくないですね?

 

それでは、それぞれの流れに関して、詳しく説明します。

 

MNP予約番号を取得する

 

予約番号の取得の仕方には、3通りあります。

 

  • ドコモショップへ行く
  • 業者に電話する
  • ネットから申し込む

 

ドコモショップへ行く場合

 

お近くのドコモショップへどうぞ。
本人確認がありますので、身分を証明できるものを持って行きましょう。
あとは、店員さんが丁寧に対応してくれるはずです。
ただ、直接店舗に足を運ぶ意味も特にないので、電話かネットでの取得の方がおすすめですね。

 

電話する場合

 

docomoの携帯・スマホからなら”151”が、MNP予約番号専用ダイヤルになります。
固定電話からなら、0120-800-000です。
年中無休で、受付時間は、AM9:00~PM8:00です。
楽でいいですよ?

 

ネットから

 

my docomoにログインして、「各種お申し込み・お手続き」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」へ進んで、申し込みをします。

 

これが一番手軽で簡単な方法かなと思います。

 

※ここでの注意点
  • 予約番号の有効期限は予約日含めて15日間です。早く申し込んでしまいましょう!
  • docomoポイントがたまっている方は、解約したら失効してしまうので、ポイント交換してしまいましょう!

 

 

その番号を使って、業者にSIMカードを申し込む
予約番号を無事取得できたら、次は、SIM業者にSIMカードを申し込む段階です。

 

使いたいSIMカードを選んで、ネットで申し込みましょう。

 

一応、店舗での申し込みを受け付けている業者もあります。
店舗で申し込めば、その日のうちに移転できますので、面倒でない、早く移転したい方は、足を運んでもいいかもしれませんね。

 

 

申し込みの際に必要なもの

 

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類の画像データ、スキャンデータ
  • (保険証・パスポート・運転免許証などが有効です)
  • メールアドレス
  • クレジットカード

 

メールアドレスは、解約するdocomoのアドレスは使えなくなるので、とりあえずGmailやYahooなどのフリーメールを用意しましょう。

 

※ここでの注意点
  • SIMカードのサイズに注意!

”標準SIM”、”micro SIM”、”nano SIM”の3種類があるので、自分の機種名で検索して、間違いのないように、注意してください。
(このあたりのミスを防ぐことを重視するなら、店舗での申し込みの方がいいかもしれません)

 

  • 解約するメールアドレスは使えなくなる!(要注意)

サイトへの登録を、解約するアドレスで行っている場合、アドレスが失効すれば登録が取り消されたり、ログインできなくなったりするので、他のアドレスに変更しておきましょう。

 

申込たら、届くまでとりあえず待ちましょう。
1週間もかからないと思いますが、業者にもよるので、しっかり確認して受け取りましょうね。

 

※ここでの注意点
  • 電話が使えない期間に注意!

 

MNPすると、前使っていたキャリアの回線は解約することになりますので、その間は電話が使えない期間が発生するものがあります。

 

届くまでの3?4日ほどですが、仕事などで、電話が使えなくなると困る方は注意しましょう。

 

★電話が使えない期間が発生しないSIM★

 

  • Mineo
  • BIGLOBE
  • IIJmio

 

電話が使えないと困る方は、こちらから選ぶようにしましょう!

 

設定を行う

 

SIMは届きましたか?
届いたら、さっそくSIMカードを入れ替えて、設定していきましょう!

 

届いたSIMカードを挿したら、すぐに初期設定画面となりますので、付属の説明書を見ながら、初期設定を済ませましょう。

 

画面の指示に従っていればすぐに終わってしまいますので、心配いりませんよ?

 

 

また、一新して、SIMフリースマホもセットで購入した場合、申し込み時に手続きをしていれば、設定もすべて済んだ状態で届きます。いやはや便利。

 

SIMカード挿したらすぐに使い始めましょう。

 

 

お疲れ様でした。これで終了です。
たぶん一番スムーズにいけば、3日ほどでMNPが完了できると思います。

 

各業者のサポートなども存分に受けて、安心してMNPしましょう。

 

 

 

SIMフリーへMNP手順?設定方法〜ソフトバンク編〜

 

ここでは、ソフトバンクユーザーの方が、SIMフリーへMNPする手順や、設定の方法を説明していきます。

 

いきなり大きな注意ですが、現状、ソフトバンク系の格安SIMはありません。
なので、現在ソフトバンクの端末を持っている方は

 

  • SIMロック解除をする
  • SIMフリー端末も一緒に購入する

 

必要があります。(もちろんauやdocomoの端末を購入してもいいですが、セットで購入すればはるかに安くすむので、こちらが圧倒的におすすめです。)

 

ただ、すべての機種がSIMロック解除に対応しているわけではなく、2015年5月以降に発売された機種のみになります。2016年5月現在では、

 

  • DIGNOR F
  • Xperia?
  • X Performance
  • AQUOS Xx3
  • AQUOS Xx2 mini
  • AQUOS Xx2
  • Nexus 6P
  • Xperia? Z5
  • AQUOS CRYSTAL 2
  • AQUOS Xx
  • Xperia? Z4
  • Galaxy S6 edge

 

です。

 

そしてさらに、これらの端末でも、契約から180日以上が経過していないと、解除できません。
さらにさらに、ソフトバンクの端末で格安SIMを使う場合、テザリングができません。
PCをよく使い、テザリングが必要な方は、SIMフリー端末をセット購入しましょう。

 

これ以外の機種を使っている方は、SIMフリー端末をセット購入するしかないです…

 

というか、上記の機種を使っている方でも、SIMロック解除してMNPするより、新たにSIMフリー端末を購入した方が楽でしょう。

 

けっこう面倒ですから、SIMロック解除…

 

解除は、My SoftBankか、店頭からできますが、My SoftBankからなら無料、店頭では解除手数料3000円取られますので、My SoftBankでやるのがおすすめです。

 

それでは、大きな注意点を終えたところで、MNP手順を説明していきましょう。
大きな流れは、他のキャリアと変わらず、

 

MNP予約番号を取得する

その番号を使って、業者にSIMカードを申し込む

申し込んだら、1週間もすればSIMカードが家に届く

付属している説明書に従って、設定を行う

 

って感じです。

 

MNP予約番号を取得する

 

まずは、MNP予約番号をもらいましょう。
予約番号の取得の仕方には、3通りあります。

 

  • ソフトバンクショップへ行く
  • 業者に電話する
  • ネットから申し込む

 

ソフトバンクショップへ行く場合

 

お近くのソフトバンクショップへどうぞ。
本人確認がありますので、身分を証明できるものを持って行きましょう。
あとは、店員さんが丁寧に対応してくれるはずです。
ただ、直接店舗に足を運ぶ意味も特にないので、電話かネットでの取得の方がおすすめですね。

 

電話する場合

 

ソフトバンクの携帯・スマホからなら”5533”が、MNP予約番号専用ダイヤルになります。
固定電話からなら、0800-100-5533です。
年中無休で、受付時間は、AM9:00~PM8:00です。
楽でいいですよ?

 

ネットから

 

My SoftBankにログインして、「各種変更手続き」→「MNP予約関連手続き」へ進んで、申し込みをします。

 

これが一番手軽で簡単な方法かなと思います。

 

※ここでの注意点
  • 予約番号の有効期限は予約日含めて15日間です。早く申し込んでしまいましょう!
  • ソフトバンクポイントがたまっている方は、解約したら失効してしまうので、ポイント交換してしまいましょう!

 

 

その番号を使って、業者にSIMカードを申し込む

 

予約番号を無事取得できたら、次は、SIM業者にSIMカードを申し込む段階です。
使いたいSIMカードを選んで、ネットで申し込みましょう。

 

一応、店舗での申し込みを受け付けている業者もあります。
店舗で申し込めば、その日のうちに移転できますので、面倒でない、早く移転したい方は、足を運んでもいいかもしれませんね。

 

申し込みの際に必要なもの

 

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類の画像データ、スキャンデータ
  • (保険証・パスポート・運転免許証などが有効です)
  • メールアドレス
  • クレジットカード

 

メールアドレスは、解約するソフトバンクのアドレスは使えなくなるので、とりあえずGmailやYahooなどのフリーメールを用意しましょう。

 

 

※ここでの注意点
  • SIMカードのサイズに注意!

”標準SIM”、”micro SIM”、”nano SIM”の3種類があるので、自分の機種名で検索して、間違いのないように、注意してください。
(このあたりのミスを防ぐことを重視するなら、店舗での申し込みの方がいいかもしれません)

 

  • 解約するメールアドレスは使えなくなる!(要注意)

サイトへの登録を、解約するアドレスで行っている場合、アドレスが失効すれば登録が取り消されたり、ログインできなくなったりするので、他のアドレスに変更しておきましょう。

 

申込たら、届くまでとりあえず待ちましょう。
1週間もかからないと思いますが、業者にもよるので、しっかり確認して受け取りましょうね:)

 

※ここでの注意点

・電話が使えない期間に注意!
MNPすると、前使っていたキャリアの回線は解約することになりますので、その間は電話が使えない期間が発生するものがあります。
届くまでの3?4日ほどですが、仕事などで、電話が使えなくなると困る方は注意しましょう。

 

★電話が使えない期間が発生しないSIM★

 

  • Mineo
  • BIGLOBE
  • IIJmio

 

電話が使えないと困る方は、こちらから選ぶようにしましょう!

 

設定を行う

 

SIMは届きましたか?
届いたら、さっそくSIMカードを入れ替えて、設定していきましょう!

 

届いたSIMカードを挿したら、すぐに初期設定画面となりますので、付属の説明書を見ながら、初期設定を済ませましょう。

 

画面の指示に従っていればすぐに終わってしまいますので、心配いりませんよ?

 

 

また、一新して、SIMフリースマホもセットで購入した場合、申し込み時に手続きをしていれば、設定もすべて済んだ状態で届きます。いやはや便利。

 

 

回線手続きが済んだら、自動的に今まで使っていた回線は解約されます。
なので、直接店舗へ出向いて解約手続きを行う必要はありません。

 

 

SIMカード挿したらすぐに使い始めましょう:)

 

 

終わり!
お疲れ様でした。これで終了です。
たぶん一番スムーズにいけば、3日ほどでMNPが完了できると思います。

 

各SIM業者のサポートなども存分に受けて、安心してMNPしましょう:)

 

以上。

 

 

 

SIMフリーへMNP手順や方法、設定方法〜au編〜

 

ここでは、現在auユーザーの方が、SIMフリーへMNPする手順や、設定の方法を説明していきます:)

 

auの回線は、非常に質が良く、つながりやすいし途切れにくいので、おすすめです。

 

現在auユーザーの方は、今使っているスマホのままau系の格安SIMにMNPすることができるので、ぜひそうしましょう。

 

テザリングができるのも、SIMフリー端末か、auの端末だけです。
docomoやソフトバンクの端末は、格安SIMを使ってのテザリングには対応していません。
(もちろんSIMロック解除は必要ですよ?)

 

ちなみに、auで使える格安SIMは、au系の格安SIMである、”mineo”と”UQ mobile”の2つです。

 

docomo系の格安SIMは使えませんので、注意してください。

 

この2つ、実は非常に回線速度が速いです。
特に、UQmobileは、通常のキャリア契約していた時と変わらないくらいの速度が出るようで、速度に関しては、他の業者よりも頭ひとつ抜けています。

 

注意点としては、契約から180日以上経過しているものでないとSIMロック解除できないということですかね。

 

 

まずは大きな流れを説明します。
大きな流れは、他のキャリアと変わらず、

 

MNP予約番号を取得する

その番号を使って、業者にSIMカードを申し込む

申し込んだら、1週間もすればSIMカードが家に届く

付属している説明書に従って、設定を行う

 

って感じです。

 

MNP予約番号を取得する

 

まずは、MNP予約番号をもらいましょう。
予約番号の取得の仕方には、3通りあります。

 

  • auショップへ行く
  • 業者に電話する
  • ネットから申し込む

 

auショップへ行く場合

 

お近くのauショップへどうぞ。
本人確認がありますので、身分を証明できるものを持って行きましょう。
あとは、店員さんが丁寧に対応してくれるはずです。
ただ、直接店舗に足を運ぶ意味も特にないので、電話かネットでの取得の方がおすすめですね。

 

電話する場合

 

0077‐75470が、MNP予約番号専用ダイヤルになります。
年中無休で、受付時間は、AM9:00~PM8:00です。
楽でいいですよ?
10分程度で完了します。

 

ネットから

 

ezWebにログインして、

 

TOP → auお客さまサポート → 申し込む/変更する → 携帯電話番号ポータビリティ(MNP)へ進みましょう。
指示に従っていれば問題ありません。

 

これが一番手軽で簡単な方法かなと思います。

 

※ここでの注意点
  • 予約番号の有効期限は予約日含めて15日間です。早く申し込んでしまいましょう!

 

 

その番号を使って、業者にSIMカードを申し込む

 

予約番号を無事取得できたら、次は、SIM業者にSIMカードを申し込む段階です。

 

使いたいSIMカードを選んで、ネットで申し込みましょう。

 

一応、店舗での申し込みを受け付けている業者もあります。店舗で申し込めば、その日のうちに移転できますので、面倒でない、早く移転したい方は、足を運んでもいいかもしれませんね。

 

申し込みの際に必要なもの

 

  • MNP予約番号
  • 本人確認書類の画像データ、スキャンデータ
  • (保険証・パスポート・運転免許証などが有効です)
  • メールアドレス
  • クレジットカード

 

メールアドレスは、解約するソフトバンクのアドレスは使えなくなるので、とりあえずGmailやYahooなどのフリーメールを用意しましょう。

 

 

※ここでの注意点
  • SIMカードのサイズに注意!

”標準SIM”、”micro SIM”、”nano SIM”の3種類があるので、自分の機種名で検索して、間違いのないように、注意してください。
(このあたりのミスを防ぐことを重視するなら、店舗での申し込みの方がいいかもしれません)

 

  • 解約するメールアドレスは使えなくなる!(要注意)

 

サイトへの登録を、解約するアドレスで行っている場合、アドレスが失効すれば登録が取り消されたり、ログインできなくなったりするので、他のアドレスに変更しておきましょう。

 

申込たら、届くまでとりあえず待ちましょう。
1週間もかからないと思いますが、業者にもよるので、しっかり確認して受け取りましょうね:)

 

※ここでの注意点

・電話が使えない期間に注意!
MNPすると、前使っていたキャリアの回線は解約することになりますので、その間は電話が使えない期間が発生するものがあります。
届くまでの3?4日ほどですが、仕事などで、電話が使えなくなると困る方は注意しましょう。

 

★電話が使えない期間が発生しないSIM★

 

  • Mineo
  • BIGLOBE
  • IIJmio

 

電話が使えないと困る方は、こちらから選ぶようにしましょう!

 

設定を行う

 

SIMは届きましたか?
届いたら、さっそくSIMカードを入れ替えて、設定していきましょう!

 

届いたSIMカードを挿したら、すぐに初期設定画面となりますので、付属の説明書を見ながら、初期設定を済ませましょう。

 

画面の指示に従っていればすぐに終わってしまいますので、心配いりませんよ?

 

 

また、一新して、SIMフリースマホもセットで購入した場合、申し込み時に手続きをしていれば、設定もすべて済んだ状態で届きます。いやはや便利。

 

 

回線手続きが済んだら、自動的に今まで使っていた回線は解約されます。
なので、直接店舗へ出向いて解約手続きを行う必要はありません。

 

 

SIMカード挿したらすぐに使い始めましょう。

 

 

終わり!
お疲れ様でした。これで終了です。
たぶん一番スムーズにいけば、3日ほどでMNPが完了できると思います。

 

各SIM業者のサポートなども存分に受けて、安心してMNPしましょう。

 

 

 

iPhoneを格安SIMにNMPするならどこ?

 

この記事を見てくださっている方の中にも、iPhoneを使ってる方は多いと思います。

 

この項では、現在、キャリアで契約しているiPhoneを使っている方が、実際に、どの格安SIMにMNPするのがいいのかを、書いていきます。

 

もちろん、SIMロック解除は必要ですよ?
(SIMフリーiPhoneなら別。)

 

a. au、b.docomo、で場合分けして話を進めますね。

 

ソフトバンクに関しては、この次の最後の項で、全体を通してのおすすめを発表しますので、そこを参考にしてくださいませ。
ソフトバンク系の格安SIMはないので。

 

a. au

 

auのiPhoneをお使いの方は、au系のSIMカードを買えば、基本的にはOKです。
au系のSIMカードは、mineoかUQ mobileになります。

 

一応の注意ですが、完全にすべての機種が対応しているわけではありません。

 

iPhone 5 / 5c / 5s / 6 / 6 plus / 6s / 6s plus / SE
↑が対応する機種になります。

 

それより古い機種の方は、新しくスマホを買う必要があります。
SIMカードを買うときに一緒にセットでスマホも買いましょう。

 

結論から言うと、マイネオの方が、若干おすすめかなぁ、って感じです。

 

マイネオ公式サイトはコチラ

 

UQ mobile

UQ mobileは、格安SIMの中で最も回線速度が速いことが一番のメリットです。
あと、動画をたくさん見る方は、「無制限プラン」があるので非常におすすめできますね。

 

メリット

 

回線速度が速い
→速い!!
・無制限プランがある
→動画を見る人にはすごくありがたい!
 (ただ、直近3日間で3ギガ以上使うと制限がかかるので注意!)
・MNPしたときに、使えない期間がない
→回線が入れ替わりで切り替わるので、使えなくなる期間がありません。
 連絡手段がスマホしかない人にとってはほぼ必須かなと思います。
・データの繰り越しができる
→mineoもですが、余った分のデータ容量を翌月に繰り越せます!
ってところですかね。

 

デメリット

 

・月々のデータ容量が2つからしか選べない
→3ギガか無制限しかありません…
 動画とか全然見ない人なら問題ないと思いますが、毎日のように見る人は、無制限プランにしましょう
・対応していないものがある
→iPhone5以前の機種は対応していません。

 

 

 

Mineo

 

メリット

 

・データ容量をシェアできる
→家族で申し込めば、余った容量文を共有することができます。
 また、家族で申し込むことにより、月額基本料金から50円引きになります。
・ユーザーどうしでもシェアできる
→毎月、容量が余った分を、ユーザー共有の「フリータンク」に入れることができ、容量が足りなくなったら、みんなが容量を貯めているそこから、月に2回、1ギガ分補充することができます。面白いですね?
・データの繰り越しができる
→UQ mobileでもできますが、容量を多くのプランから選べるmineoの方が享受できるメリットは大きいです。

 

デメリット

 

・回線速度がUQ mobileよりは遅い
→特に遅いということはなく、むしろ格安SIMの中では速い方です。
・セットで販売されているSIMフリースマホがちょこっと高い

 

まとめると、回線速く!容量プランの多彩さ!ならマイネオですね!

 

マイネオ公式サイトはコチラ

 

b.docomo

 

docomoの場合、選択肢は非常に多いです。
それだけに、迷ってしまう人も多いと思います。

 

今、非常に人気が上がってきているのは、「楽天モバイル」です。
楽天ポイントがつきやすいので、楽天でよく買い物をする方にとっては、いい業者になります。

 

また、月額料金も安めで、さらに電話を頻繁に使う人は、月額850円で5分の通話が無料でかけ放題になるので、これも嬉しいですね。

 

あと、DMM mobileですかね?
1ギガのデータ容量は業界最安値です。そして、容量のプランが1ギガから20ギガまで選べるので、幅広いニーズに対応しています:)
さらに、これだけプランが多いと、自分の使う量に応じて好きにプランを選ぶことができます。便利!!!

 

iPhoneを使っている人って多いと思ったので、一応iPhoneユーザーさま用にまとめておきました。
次の項が最後です!
全体を通しての締めとして、おすすめトップ5をまとめておきましたので、どうぞごらんください。

 

 

SIMフリーMNPのおすすめトップ4

 

キャッシュバック、即日、格安の3観点から分析!!

 

ここまで、各キャリアから格安SIMに乗り換える方法や、具体的な手順を詳しく説明してきましたが、「結局どれが1番いいの?!!!」という方も多いと思いますので、ここにまとめておきたいと思います。

 

そして、今回は、判断する上での基準を3つに絞ります。
それが、タイトルにもあるように、

 

  • 「キャッシュバック」
  • 「即日」
  • 「格安」

 

の3観点です。

 

キャッシュバックと書いてますが、お得なサービス全般のことを指します。

 

この3つを鑑みて、最もバランスが取れている、おすすめSIMのトップ5を決めたいと思います。

 

わかりやすいように、3観点のそれぞれを5点満点で評価し、各々が同程度の重要性を持っていることを前提とし、評価点の総合の高いものを選びたいと思います。

 

あともう1つ。
音声通話はできるもの(プラン)であることも前提としたいと思います。

 

ここでもいろいろ書いてきましたが、正直言って、人によりまくる部分なので、参考程度にお願いします。

 

これで終わりです!

 

長くなってしまいましたが、これでMNPは完璧です。
キャリアで契約したスマホの料金ってすごく高いですが、格安SIMにすれば、非常に安い料金で、ほとんど同じパフォーマンスを享受することができます。

 

楽しんでください(^^♪