マイネオの3Gはもう古い 3Gから4Gへ auドコモおすすめはコレ!

 

【目次】
@ 3Gを使い続けているあなたはご注意!今後3Gはどうなる?
A マイネオで4Gを使いたい!どんなことに気を付ければ良いの?
B 格安で高速通信を利用しよう!マイネオで使える4G対応機種一覧
C 新しいスマホを購入して、マイネオを使用したいあなたへのおすすめは?

 

マイネオでも2015年の11月より、Volte対応SIMカードが登場しました。

 

これによって、4Gでの通信や通話が可能になったので、マイネオの3Gの通話や、データ通信の品質を心配されていた、あなたも安心して、ご利用できるようになりました。

 

この記事では、マイネオで4Gを利用したい場合の注意点や、おすすめの機種をご紹介していきます。

 

3Gを使い続けているあなたはご注意!今後3Gはどうなる?

 

そもそも3Gと4Gは何が違うの?

 

もっとも大きく番う点は、通信の速度になります。通信と速度は、Mbpsという単位で表され、これは1秒間に通信できるデータ量を表します。

 

3Gの通信速度は、数Mbps〜14Mbpsになり、4Gは75Mbps〜100Mbpsと、10倍前後の通信速度を誇っています。

 

具体的に、ゲームなどの容量が大きめ(200MB程度)のスマホアプリをダウンロードする場合で比較してみると、5Mbpsでは27分程度かかるのに対して、30Mbpsでは1分程度です。

 

75Mbps〜100Mbpsでは、さらに速くなる可能性が高いのが、お分かりいただけます。

 

また、4Gでは雑音のないクリアーな通話も、可能になります。

 

マイネオでも4Gを使用できるようになって、変わることは?

 

回線の混み具合によっても、通信速度は変わってくるので、キャリアの回線を借りている、マイネオなどのMVNO事業者では、どうしても回線を使用できる優先順位がキャリアよりも低くなってしまいます。

 

回線が空いている時間帯なら、3Gでもほぼ問題ないのですが、混んでいる時間になると、やはり通信が遅くなってしまうので、今まではそれを心配して、マイネオに乗り換えをしなかった方も、少なくはないでしょう。

 

しかし、マイネオでも4Gを使用できるようになった今、回線混んでいる時間であっても、十分な速さの通信が可能になりました。

 

4Gの回線は、どこでも使用できるの?

 

現在、人が住んでいるほとんどの地域では、4Gを使用できる環境になってきています。

 

それは、ドコモの回線であっても、auの回線であっても、各キャリアで、同じことが言えます。

 

ドコモとauの回線を使用しているマイネオでも、同じようにほとんどの地域で4Gを使用することが可能です。

 

データ通信を使わないなら、3Gで十分なのでは?

 

3Gが普及する前は、2Gが使われていたのですが、3Gの普及と共に、撤廃されていきました。

 

現在、総務省が3Gを撤廃していくように、各キャリアに要請しているようで、今後、少しずつではあるでしょうが、撤廃されていくことが予想されます。

 

現在もまだ、3Gにしか対応していない端末が販売されているのですが、今後スマホなどの端末を購入されるのなら、4Gに対応しているものをオススメします。

 

マイネオで4Gを使いたい!どんなことに気を付ければ良いの?

 

「Volte対応」の端末を用意

 

あなたがお持ちの端末、もしくは、これから購入される端末が、「Volte対応」のものであるかをご確認ください。

 

「Volte対応」の端末でないと、4Gの通話が使用できません。

 

auプランの場合は端末のSIMロックを解除

 

ドコモの端末をマイネオのドコモプラン、または、auの端末をマイネオのauプランで使用する場合、SIMロックの解除は基本的には、不要です。

 

しかし、auプランで「Volte対応」端末を使用したい場合に限り、全ての端末で、SIMロック解除が必要になります。

 

auプランの場合は「Volte対応SIM」を

 

せっかく「Volte対応」の端末を持っていても、auプランの場合は「Volte対応SIM」を申し込まないと、4G通話を使用することができません。

 

お申込みの際に、選ぶSIMカードを間違えないように、ご注意ください。

 

「Volte対応SIM」のお申込みには、追加の手数料はかかりません。

 

また、ドコモプランの場合は、「Volte対応SIM」と「Volte非対応SIM」が分かれていないので、特に注意する必要はありません。

 

格安で高速通信を利用しよう!マイネオで使える4G対応機種一覧

 

2016年6月現在の、マイネオで使用できるVolte対応機種を表にまとめました。

 

ドコモプランもauプランも、使用できる機種は同じですが、SIMロック解除が必要な条件や、テザリングの可否が異なるので、ご注意ください。

 

【ドコモプラン】

購入元 メーカー 機種名 SIMカードの種類 テザリング可否 SIMロック解除  
マイネオ FUJITSU arrows M02 docomo (nano) 必用  
ドコモ Apple iPhone 6s Plus docomo (nano) 不要  
ドコモ Apple iPhone 6s docomo (nano) 不要  
ドコモ HTC HTC J butterfly【HTV31】 docomo (nano) 不要  
ドコモ KYOCERA TORQUE【G02】 docomo (nano) 不要  
ドコモ KYOCERA URBANO【V02】 docomo (nano) 不要  
ドコモ LG Electronics isai vivid 【LGV32】 docomo (nano) 不要  
ドコモ SAMSUNG GALAXY S6 edge 【SCV31】 docomo (nano) 不要  
ドコモ SHARP AQUOS SERIE【SHV32】 docomo (nano) 不要  
ドコモ Sony Mobile Xperia Z4【SOV31】 docomo (nano) 不要  
au Apple iPhone 6s Plus docomo (nano) 必用  
au Apple iPhone 6s docomo (nano) 必用  
ソフトバンク Apple iPhone 6s Plus docomo (nano) 必用  
ソフトバンク Apple iPhone 6s docomo (nano) 必用  
その他のSIMフリー Apple iPhone SE docomo (nano) 必用  
その他のSIMフリー Apple iPhone 6s Plus docomo (nano) 必用  
その他のSIMフリー Apple iPhone 6s docomo (nano) 必用  
その他のSIMフリー NEC arrows M02 docomo (nano) 必用  
             
【auプラン】            
購入元 メーカー 機種名 SIMカードの種類 テザリング可否 SIMロック解除
マイネオ FUJITSU arrows M02 au VoLTE (nano) 必用
au Apple iPhone 6s Plus au VoLTE (nano) × 必用
au Apple iPhone 6s au VoLTE (nano) × 必用
au HTC HTC J butterfly【HTV31】 au VoLTE (nano) 必用
au KYOCERA TORQUE【G02】 au VoLTE (nano) 必用
au KYOCERA URBANO【V02】 au VoLTE (nano) 必用
au LG Electronics isai vivid 【LGV32】 au VoLTE (nano) 必用
au SAMSUNG GALAXY S6 edge 【SCV31】 au VoLTE (nano) 必用
au SHARP AQUOS SERIE【SHV32】 au VoLTE (nano) 必用
au Sony Mobile Xperia Z4【SOV31】 au VoLTE (nano) 必用
ドコモ Apple iPhone 6s Plus au VoLTE (nano) × 必用
ドコモ Apple iPhone 6s au VoLTE (nano) × 必用
ソフトバンク Apple iPhone 6s Plus au VoLTE (nano) × 必用
ソフトバンク Apple iPhone 6s au VoLTE (nano) × 必用
その他のSIMフリー Apple iPhone SE au VoLTE (nano) × 必用
その他のSIMフリー Apple iPhone 6s Plus au VoLTE (nano) × 必用
その他のSIMフリー Apple iPhone 6s au VoLTE (nano) × 必用
その他のSIMフリー NEC arrows M02 au VoLTE (nano) 必用

 

 

テザリングとは、スマホをモデムとして利用し、他のスマホやPC、タブレットなどをインターネット接続できるようにする機能です。

 

Wi-fiのない外出先で、PCやタブレットをインターネット接続することができて、便利な機能の1つといえるでしょう。

 

4Gのデータ通信なら、そういったテザリングをスムーズに行うことが、本来なら可能です。

 

しかし、上の表の通り、auプランでiPhoneを使用する場合、このテザリング機能が使用できません。

 

auプランで「Volte対応機種」を使用する場合、どちらにしてもSIMロック解除も必要になるので、現在auでiPhoneを使用しているあなたが、マイネオに乗り換える場合、ドコモプランを使用すること考えても良いでしょう。

 

テザリングを全く使わないのであれば、特に考慮する必要は、ありません。

 

新しいスマホを購入して、マイネオを使用したいあなたへのおすすめは?

 

マイネオでは、SIMカードと端末のセット販売を行っています。

 

セット販売を利用すれば、お持ちの端末が正しく動作するかの不安や、難しい設定に対する不安がなくなります。

 

また、故障の際もマイネオで対応してくれると、良いことずくめです。

 

そんな魅力的なセット販売ですが、auプランでも、ドコモプランにも使用できる、「Volte対応」の機種が、用意されています。

 

それが、arrows M02 by Fujitu です。

 

arrows M02 by Fujituは、カメラも810万画素とiPhoneにも劣らず、バッテリーも3日間充電がいらないほど、長持ちです。

 

また、衝撃や水にも強い設計になっています。

 

価格もiPhoneの半額か、それ以下と、「Volte対応」の機種にしては割安なのが魅力的です。

 

「Volte対応」機種を購入して、マイネオに乗り換えたいあなたには、1番のおすすめ機種になります。