au回線とSIMフリー機の関係を徹底解説! どの端末を選べばいい?

 

mvnoはdocomoから回線を借りて運営される形が大半でしたが、近年一部のmvno業者がau回線を使ったmvnoサービスを開始し、話題を集めています。

 

ここではau回線の基本と、au回線mvnoを使う場合のポイントなどを徹底解説します。

  • au回線の基礎知識 通信方式の違いを知る
  • auのSIMカードはほかのSIMフリー機に挿して使える?
  • auガラケーのSIMはSIMフリー機で使える?
  • SIMロック解除ができるau端末は何種類ある?
  • au回線を利用したmvnoサービス
  • mineoで使えるSIMフリー機とau端末は? 端末はどうやって手に入れる?

au回線の基礎知識 通信方式の違いを知る

 

まずはじめに、携帯電話の通信方式について知っておく必要があります。
現在日本では3GとLTEという方式をメインに携帯電話の通信が行われています。
3Gの次世代技術にあたるのがLTEと考えて問題ありません。

 

2016年6月現在、各社ともLTEで高速なデータ通信を行い、3Gで音声通話を行っているというのが一般的な使われ方です(LTEサービス地域外は3Gでデータ通信も行う)。

 

LTEでもVoLTEという技術を使って音声通話を行うことはできますが、まだ始まったばかりのサービスのため、音声通話の主流ではありません。

 

かつて使われていた2Gはすでに終了しているように、今後3Gも次第に整理されていくことになると思われますが、1年や2年後の話ではありません。

 

つまり、しばらくの間、3GとLTEの併用が続いていくのです。

 

さて、この3Gですが、さらにこれを分類すると、

  • 「W-CDMA」
  • 「CDMA2000 1x」

という規格に分かれます。

 

日本国内では、

  • docomoとSoftbankがW-CDMA
  • auがCDMA2000 1x

を採用しています。

 

現在、多くのmvno業者はdocomoから回線を借りて運営しています。
つまり、W-CDMA方式の回線を使っているというわけです。

 

そのため、CDMA2000 1xに対応したauの端末とdocomo系のmvnoは相性が悪く使えないという状況が発生してしまうのです。

 

au回線のsimフリー端末ではLTEは使える?

 

docomoとSoftBankが対応している通信方式とauの通信方式は根本が異なるため、au回線対応の端末をdocomo系のSIMで使えないというのはこれまでに解説した通りです。

 

ただ、通信方式が異なるというのは、3Gの話に限定されます。

 

最新の通信方式であるLTEについては、docomo系もau系も変わりはありません。

 

つまり、仮にauのキャリアスマホのSIMロックを解除してSIMフリー機にし、docomo系のmvnoSIMを挿した場合、3Gは使えませんが、LTEならば使えるということになります。

 

LTEは現在、高速データ通信を中心に使われているものなので、LTEのみ使えるということは、通話はできないけれど、データ通信のみができるということになります。

 

一方、上でも少し触れたように、auのVoLTEというLTEで通話するサービスがあります。

 

VoLTEに対応している機種ならば通話もLTEで行えるので、3Gの方式が違っても音声通話を行うことができます。

 

SIMフリー機でVoLTE対応をしている機種は、後述のarrowsシリーズなど一部に限られますが、今後au系回線を使いたい人は、こうした機種をチェックするようにしてください。

 

au系のスマホだと海外での使用に制限がある

 

auが採用している3Gの通信方式CDMA2000は、世界的に見てもかなり少数です。

 

そのため、海外の空港などで旅行者向けに売られているSIMカードも、ほぼ100%がdocomo系と同様のW-CDMAが使用されています。

 

つまり、auのキャリアスマホをSIMロック解除して海外に持ってったとしても、周波数が異なるので使えないということになります。

 

「海外だと通話はしないから、LTEでデータ通信だけできればいいんだけど」という人もいるかもしれません。

 

しかし、

海外の場合、日本のようにLTEが全国のさまざまな場所で使えるとは限りません。

 

アジアなどではちょっと中心部から離れると3Gが中心です。
そのため、通話はおろか、データ通信もまったくできないという状況になってしまうのです。

 

国内でau系のスマホを使っている人が海外に行くときは、海外専用のスマホをもう一台購入しなければいけないと覚えておきましょう。

 

auのSIMカードはほかのSIMフリー機に挿して使える?

 

では、一度mvnoから離れて、auのSIMカードSIMフリー機の関係について考えてみます。

 

まず、auで契約しているSIMをSIMフリー機に挿して使うということはできるのでしょうか?

 

これは、通信方式がCDMA2000 1xに対応している機種ならば、auのSIMカードを挿して使うことができるという答えになります。

 

しかし残念ながら、現在販売中のSIMフリー機でCDMA2000に対応している機種はほとんどなく、後述の「mode1」など、一部に留まっています。

 

海外でもW-CDMAのほうが一般的な規格なので、海外SIMフリー機を輸入して使うという選択肢も現実的ではありません。

 

CDMA2000方式に対応したsimフリースマホは?

 

前述の通り、CDMA2000に対応したSIMフリースマホというのはほとんどありません。

 

その中で、LTEに加え、3GはW-CDMAとCDMA2000にも対応しているほぼ唯一とも言える機種が「mode1」です。

 

 

 

これは、ピーアップという会社が発売したAndroid5.1を搭載したSIMフリー機です。
国内のメーカーなので、もちろん技適マーク取得済みで、Amazonでも購入することができます。
主なスペックは以下の通りです。

 

  • サイズ:高さ約146mm、幅約71,2mm、厚さ約7.9mm、重量約145g
  • ディスプレイ:5inch IPS 液晶(1280×720)HD ※ファイブフィンガー対応
  • CPU:Qualcom MSM8916 quard core, Quad A53,1.2GHz
  • メモリ 内部RAM:1GB
  • 内部ROM:8GB
  • 背面カメラ:800万画素
  • 前面カメラ:200万画素
  • バッテリー容量:2300mAh

 

これらのスペックを見る限り、決してハイスペックとは言えませんが、ヘビーな使い方でなければ充分に使えるでしょう。

 

docomo系のSIMを使っている人がわざわざこの機種を選ぶ必要はないかもしれませんが、「国内でau系SIMを使っているけれど、頻繁に海外に行き、現地のSIMを使うことがある」などという人にとっては、ほぼこの機種一択になるくらいの便利なスマホと言えるでしょう。

 

auガラケーのSIMはSIMフリー機で使える?

 

現在auのガラケーに使われているSIMは特別な形のものというわけではないので、SIMフリー機に挿すことができます(SIMのサイズが合致する必要はあります)。

 

そのため、ガラケーで契約したSIMをSIMフリースマホに挿して音声通話を行い、データ通信はwifiのみで行う形で通信料金を節約しようとしている人もいます。

 

しかし、この方法だと、ちょっとした切っ掛けで大量に通信されてしまい、とんでもない額の請求がされるという可能性が拭えません。

 

ガラケー回線を維持したままSIMフリー機を使いたいのなら、mvnoとの二台持ちにするべきでしょう。

 

SIMロック解除ができるau端末は何種類ある?LTE対応、3G対応端末

 

auから発売された端末でSIMロック解除ができるのは2015年4月以降に発売され、さらに購入後約半年経過した機種が対象となります。

 

2016年6月現在、その数は31機種を数えます。

 

simロック解除をすることでauの端末もドコモのSIMカードや格安SIMでも使うことが出来ます。

 

LTE対応
  • iPhone SE
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s
  • Plus
  • 9.7インチ
  • iPad Pro
  • iPad Pro
  • iPad mini 4
  • HTC 10
  • HTV32
  • HTC J
  • butterfly
  • HTV31
  • DIGNOR
  • rafre
  • KYV36
  • GRATINA
  • 4G
  • TORQUE
  • G02
  • URBANO
  • V02
  • Qua phone PX
  • Qua phone
  • Qua tab PX
  • Qua tab
  • 01
  • Qua tab
  • 02
  • isai vivid
  • LGV32
  • Galaxy S7
  • edge
  • SCV33
  • Galaxy A8
  • SCV32
  • 注1
  • Galaxy S6
  • edge
  • SCV31
  • AQUOS U
  • SHV35
  • AQUOS
  • SERIE
  • SHV34
  • AQUOS
  • SERIE
  • SHV32
  • AQUOS
  • SERIE
  • mini
  • SHV33
  • AQUOS K
  • SHF33
  • AQUOS K
  • SHF32
  • Xperia? X
  • Performance
  • SOV33
  • Xperia? Z5
  • SOV32
  • Xperia? Z4
  • SOV31
  • Xperia? Z4
  • Tablet
  • SOT31

 

3対応

 

  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPad Pro
  • iPad mini 4
  • HTC 10 HTV32
  • HTC J Butterfly HTV31
  • DIGNORrafre KYV36
  • GRATINA 4G
  • TORQUE G02
  • URBANO V02
  • Qua phone PX
  • Qua phone
  • Qua tab PX
  • Qua tab 01
  • Qua tab 02
  • isai vivid  LGV32
  • Galaxy S7 edge SCV33
  • Galaxy A8 SCV32
  • Galaxy S6 edge  SCV31
  • AQUOS U SHV35
  • AQUOS SERIE SHV34
  • AQUOS SERIE SHV32
  • AQUOS SERIE mini SHV33
  • AQUOS K  SHF33
  • AQUOS K  SHF32
  • Xperia? X Performance SOV33
  • Xperia? Z5 SOV32
  • Xperia? Z4  SOV31
  • Xperia? Z4 Tablet SOT31

 

これは今後時間が経つごとに増えていきますので、詳しくは以下のページを参照してください。

 

au公式ホームページ

 

au回線を利用したmvnoサービス

 

au回線を利用しているMVNOは大手は2つです。

 

これまでdocomo回線がメインだったmvnoの世界に、au回線を使ったサービスが登場したのは2014年6月のことでした。

 

これは株式会社ケイ・オプティコムが手がけた「mineo」で、このサービスの登場により、auスマホを使っている人でもmvnoという選択をすることができるようになったのです。

 

「mineo」はdocomo回線とau回線両方のプランが選べ、料金も他のmvno業者と同水準。

 

料金割引のキャンペーンが行われることもあり、使い勝手と価格のバランスが非常にすぐれた業者と言えます。

 

マイネオ公式ホームページ

 

マイネオの感想をレビューしました。評判と実際の使用感(サイト管理人が使ってます)

 

 

ちなみに音声通話つきプランの場合、docomoプランよりauプランのほうが若干安くなっています。
(データ3GB+音声の場合、docomoプランは1,600円、auプランは1,510円)。
ギリギリまで切り詰めたい人はauプランを選ぶとよいかもしれません。

 

もう1つはUQモバイルです。

 

 

 

 

 

 

 

 

mvnoが直接simフリーiPhoneを売り出すのはUQ mobileが初めてです。
直接販売されるので、テザリングなどもしっかりとサポートされることがポイントです。

 

そのため、iPhoneを安く安定的に使いたい人は有力な選択肢です。
また、無料通話がついているのも大きなポイント。

 

毎日のように電話をする人の場合は3大キャリアのほうがいいですが、1日数分程度ならば、月の通 信費がキャリアに比べて半額以下になることもあるでしょう。

 

 

 

UQモバイル公式ホームページ

 

mineoやUQモバイルで使えるSIMフリー機とau端末は? 端末はどうやって手に入れる?

 

mineo、UQモバイルを利用する場合、以下4つの方法で端末を確保する必要があります。
それぞれのメリット・デメリットを解説します

 

現状使っているキャリア端末を使う

 

もっとも安上がりな方法です。
auスマホならば多くの機種が対応しているので、そのまま使うことができます。

 

ただ、注意しなければいけないのが、iPhoneを使っている場合です。
iPhoneの場合、mineoのauプランで使おうとすると、テザリングができません。

これはUQモバイルも同じです。
ルーターのように使うことも想定している場合は注意してください。

 

中古au端末を購入する

 

中古のauは比較的価格も安く、新しい機種が手に入るのでオススメです。
mineoのサイトでも中古販売店のリンクが貼られ、中古機の使用を提案しています。
中古とは言え、綺麗な最新機種も並ぶので一度見てみるとよいでしょう。

 

mineoやUQモバイルが販売する端末を購入する

 

mineoの通信方式に最適化された機種が売られているため、こちらがもっとも確実な方法です。

 

防水防塵におサイフケータイがついた名機と名高いarrows M02や、防水防塵耐衝 撃で、4.5インチながら手に馴染む小さなサイズが人気のLUCEなどが売られています。

 

UQモバイルはDIGNO L、防水防塵つきのKC1iPhone5Sなどが販売されています。

 

現状、端末がない人や、新しく買い換えたいと思っている人は候補に入れてみてください。

 

どの方法で端末を手に入れるにしても、mineoうあUQモバイルが発表している動作確認表を見てから購入することをオススメします。

 

mineoのauプランは端末も安く手に入る可能性が高く、また月々の通信量もかなり抑えることができます。
UQモバイルのピッタリプランはこのプランが1,980円からで利用可能。

 

ライトユーザーならば30分通話と 1GB通信でも充分。
週に1回数分程度の通話に加え、ネット閲覧やSNSでしかネットを使わないという人には最適と言えます。

 

auは通話し放題、通信は格安SIM

 

最後に結局のところ、よく電話をする人はキャリアの通話し放題の契約が1番お得です。

 

なので契約プランは

  • auは通話し放題プラン
  • 通信のみ格安SIM

この組み合わせが1番節約できます。
※私もこのパターンです

 

まとめ

 

> 

 

マイネオ公式ホームページはコチラ>>

 

マイネオの感想をレビューしました。評判と実際の使用感(サイト管理人が使ってます)

 

au,SIMカード他,SIMフリー携帯

 

UQモバイル公式ホームページはコチラ>>

 

 

今auの人は上記どちらかを選択することになります。
プランのことなど各社微妙に違うので比較してみてあなたに合う会社を選択しましょう。
下記で詳細に解説しています。

 

格安SIMフリーを比較 初心者に合うおすすめ会社はコレ!