最近、SNSや動画配信などが当たり前になってきましたね。男女問わずプライベートや旅行先で
一人でもみんなでも自撮りをする、そんな時代になりました。そんなニーズに応えるように
革新的な技術を備えたスマホが出ました!それがZenfone4 selfie proです。
はっきり言って自撮りをされる方なら、スペック、機能、コストパフォーマンスを考慮すると
このZenfone4 selfie pro一択なのではないかと思うほどおススメ機種です。
Zenfone4 selfie proが良いと、なぜそこまで言えるのか、
それをこのページで徹底解説していきます!!女子も女子受けを狙いたい方もZenfone4 selfie proを是非!


Zenfone4 selfie proとは


selfie_eyecatch

2017年8月7日に台湾ASUSから発表されました。今回5種類の機種が発表された中で,ひと際異彩を放っていたのが
Zenfone4 selfie proでした。
Zenfone4のシリーズのテーマは「We Love Photo」とうたわれており、どの機種も写真機能に力をいれているのは
間違いないのですが、特にZenfone4 selfie proは自撮り機能に特化し、自撮り(セルフィー)機能に関しては
Zenfone4 selfie proが現時点最高のスマホと呼んでさしつかえありません(断言)


Zenfone4 selfie proのスペック



Zenfone4 selfie pro
日本発売価格 46224円
OS Android 7 ZenUI4.0
CPU Snapdragon 625
GPU Adreno 506 1920×1080
ディスプレイサイズ 5.5inc 有機EL AMOLED採用 ゴリラガラス
RAM(メモリ) 4GB
ROM(保存容量) 64GB
外部メモリ 最大2T
SIM Nano SIM×2
リアレンズカメラ 1600万画素 SONYセンサー 電子3基軸手振れ補正 0.03秒AF
インカメラ 1200万画素メイン F1.8 500万画素サブ 120°超広角 SONYセンサー
動画撮影 4K動画撮影対応
USB micro USB2.0
バッテリー容量 3,000mAh
指紋認証 前面ボタン
オーディオ ハイレゾ

Zenfone4 selfie proのスペックをみて

まず全体の印象として、一点を除いて(後述します)ハイレベルだなと感じました。
Android 8.0へのアップグレード可能というアナウンスもされていますし、4万円台の
スマホとしてZenfone4 selfie proは十分コストパフォーマンスが高い!
です。

なんといってもZenfone4 selfie pro最大の特徴は2400万画素!!という破格のインカメラへのこだわり。
2400万画素と500万画素をデュアルレンズの標準と超広角レンズに割り振られ、その撮った画像をライブで
編集できるセルフマスターモードとLEDソフトライトにより、動画と静止画両方の自撮り機能を追求しています
これは現時点で最高レベルといってもいいでしょう。SNSや動画配信などをされる方にはマストバイです!

他のZenfone4 selfie proの特徴としてディスプレイがAMOLED 有機EL液晶採用であったり、DSDS(デュアルシムデュアルスタンバイシステム)
急速充電、大容量バッテリー、ハイレゾオーディオといったところが特徴です。Zenfone4 selfie proのそれぞれの機能については
詳しくあとで解説します。
Zenfone4 selfie proの少し物足りない点はUSBが2.0であるという点や防水機能やオサイフ機能がない(日本版未確認)
といったところです。この辺りは次回作に期待です。
さて、大まかにZenfone4 selfie proの特徴を説明してきましたが、次はそれぞれの項目についてみていきます。

Zenfone4 selfie pro、世界最先端、最高レベルの自撮り機能とは


selfie_main

FacebookやInstagramでのストーリー動画やyoutubeでの動画配信は日常レベルまで普及してきましたが
Zenfone4 selfie proのセルフィーはまさにこう言った時代にマッチしたスマホです。
まずインカメラのメインレンズがF1.8の明るいレンズで2400万画素のSONYセンサー採用。高感度センサーで
画素ピッチが大きいので薄暗い場所でも従来の約2倍の明るさを実現しています。
また自撮りに必要なセルフィー用のライトもソフトライトフラッシュを採用しているのでZenfone4 selfie proならスタジオ撮影のような
ナチュラルな肌質感を演出。
それに加え、Zenfone4 selfie pro内でのデジタル処理になりますが、ポートレート撮影モードにより
背景をぼかして、被写体を引き立てる一眼レフで撮影したような動画、写真が撮影できます

SelfieMasterモードが新しい


selfie_master

ソフト面では「SelfieMaster」モードが今回のZenfone4 selfie proにプリインストールされています。
これは自分撮り専用の内蔵アプリにより10段階で自由自在に肌のキメや、トーンなどを調整できるアプリです。
もちろん動画、静止画問わずワンタッチで使うことができますので,今までですと加工、編集してから
アップしていた動画や、静止画をZenfone4 selfie proならLIVEでアップすることができます!これは革新的

セルフィー(selfie)とウィーフィー(wefie)


selfie_wefie
Zenfone4 selfie pro画面上でワンタッチ操作で切り替えることにより、120°広角カメラ(500万画素)で従来の約2倍の広さ
の自撮りが可能
です。旅行先での広大な風景の前での自撮りや(セルフィー)今まで収まり切れなかった
グループでの撮影(ウィーフィー)も容易に行うことができます。Zenfone4 selfie proがあればもう自撮り棒は必要ありませんね。

リア(背面)カメラの注目ポイントは?


rear_camera

Zenfone4 selfie proの背面には1600万画素のSONYイメージセンサーとASUSのSuperPixelエンジンで高詳細のイメージ撮影ができます。
また従来より高い評価を得ている0.03秒超高速位相差検出オートフォーカスと電子式手振れ補正もZenfone4 selfie proの見逃せないポイント

Pro撮影モードでワンランク上の写真へ


pro_mode
さらにZenfone4 selfie proで画面上でワンタッチでプロモード(マニュアル撮影モード)に切り替えることができ、こだわりの写真を
撮影することもできます。シャッタースピード、絞り、ISOを設定できるので自分の思い通りの撮影もチャレンジできます


Zenfone4 selfie proのデザインや質感はどう?


body_camera
Zenfone4 selfie proのカラーバリエーションは女子受けのよさそうなクラシックレッド、サンライトゴールド
ネイビーブラック
の3色です。
ボディはユニメタル素材でできており安っぽさは全くないです。重さは147g、薄さわずか6.85mmでかなり軽いです。
5/5インチの大画面でそれをプロテクトしているのはゴリラガラスと呼ばれる、強化ガラスです。
SIMフリースマホはどうしてもサポート面で費用や時間がかかることが多いのでこれは大事なところ

ユーザーに優しいZenUI


Zenfone4 selfie proのOSはandroid7ですが、ASUSの場合は「ZenUI」という独自のOSと連携しているシステムをとっています。
今回のZenfone4 selfie proには「ZenUI4.0」になって引き続き搭載されています。
超高速の指紋認証はそのままなのですが、NFCなどが搭載されないので残念ながらAndroid Payなどにも
Zenfone4 selfie proは非対応です。(Zenfone 4は対応)

片手モードはとても便利


katate

Zenfone4 selfie proは5.5インチですので手の小さい方や、女性には端から端まで指が届かない
場合がありますが、そういうときには「片手モード」があります。ホームボタンをダブルタップすることにより
画面が一回り小さくなり片手ですべての操作が行えるようになります。

タッチジェスチャー機能


pro_mode

個人的におすすめなのが「タッチジェスチャー」。画面がスリープ状態やロック状態のときに画面をダブルタップすることにより
スリープモードの切り替えができ、Zenfone4 selfie proの画面にSの文字を指で描くとカメラ機能が立ち上がったり、
Wを描くと天気情報が見ることができたりします。これに慣れる他のスマホではととても不便に感じてしまうほど。
ジェスチャー機能はカスタマイズできるのでFacebookやYouTubeに割り振ったりも可能です。

有機ELディスプレイはすごい


ディスプレイなのですが、実はこれは確実に4万円台のスマホでは、なかなかお目にかかれない
AMOLEDディスプレイと呼ばれる最高クラスの液晶画面です。。
有機ELとよばれ次世代機種に採用されるだろうと思われていたのでZenfone4 selfie proに搭載されていると聞いたときは驚きでした


    有機ELの特徴は
  • 従来のIPS液晶より色の表現域が広い
  • 応答速度が速い
  • 有機ELは一つ一つの画素が発光するのでバックライトが不要。バッテリーが消耗しない

実際にこれこそお買い得だと思います。映画をみるのもスポーツをみるのもにじみや残像が出にくいと思われます。 今回のZenfone4 selfie proでは写真にこだわったのでそれを観る液晶にもこだわったということでしょうか。

DSDSとは


dsds
ASUSの大きなウリであるDSDS(デュアルシムデュアルスタンバイ)はもちろんZenfone4 selfie proでも健在です。
これはSIMカードを同時に2枚スマホに挿して使うことができる機能で、2つの番号を持ったり,2つのSIMに
それぞれデータ通信と通話の機能を割り振って使うことができたりする機能です。さらにSIMカードを
2つ挿すことにより今まではログイン、ログオフが必要だったSNSのアカウントが2つ同時に持つことが
できるようになりました
。ちなみに2つダウンロードして持てるアプリは
  • Facebook
  • Facebookmessenger
  • Twitte
  • LINE
  • Instagram

の5つです。会社用や趣味用のアカウントを持っている方には朗報ですね。
Zenfone4 selfie proで実際使ってみましたがこれはかなり便利!

Zenfone4 selfie proの隠れた高性能機能、オーディオ


sound_effect1

sound_effect2

セルフィー機能に大きな注目が集まっているZenfone4 selfie proですが、オーディオなどの面も充実しています。
Zenfone4selfie proはデュアルスピーカー搭載でステレオ再生に対応し、24bit/192kHzxの
ハイレゾオーディオに対応しています

オーディオウィザードをつかうことにより、Zenfone4 selfie pro上でサウンドの設定を細かく指定することができます。
これにより、イヤホンも自分好みの音にカスタマイズでき、イヤホンごとの設定を変更でき、プロファイルを
保存できる
のです。 Zenfone4 selfie proのオーディオ面での充実はもっと皆さんに知ってもらいたいですね。

まとめ


このようにZenfone4 selfie proについてみてきましたが、大変面白いスマホですよね!!
性能もZenfoneらしくハイスペックでコストパフォーマンスの高いスマホです。
自撮りやグループ撮影にこだわる方や、女性の方々に是非おすすめです!女子受けがいいのは確実ですよ!